気になる女友達をデートに誘う際に気をつけること

気になる女友達をデートに誘う際に気をつけること

【デートできるなら誰でも良いという雰囲気を出さない】

 

デート出来るなら誰でも良いという雰囲気を出してしまうと、相手も気持ちが盛り下がってしまいます。

 

あなただからデートがしたいというように、特別感を演出しましょう。

 

ですがあまりにも特別感を出してしまうと、中には引かれてしまう事があるので、あくまでもさりげなさを大切にします。

 

〇〇ちゃんを誘ったらいいんじゃない、と言われてもそこでは引かず、どうしても君がいいというように、相手を尊重しましょう。

 

特に何とも思っていなくても、特別感が伝われば気持ちも動きやすいです。

 

女性は他の人とひとくくりにされてしまうことを非常に嫌います。

 

デートに誘うのは勇気がいる行為ですが、恥ずかしがって言い訳に逃げてしまうのだけはやめましょう。

 

 

 

【二人っきりという部分を強調させる】

 

気になる女友達をデートに誘っても、みんなで遊んだ方が楽しいよ、と言うように天然に交わされてしまうことがあります。

 

友達の期間が長ければ長いほどアプローチに気づいてもらえない事があるので、二人っきりという部分を強調させましょう。

 

どんなに鈍感な人でも二人っきりという単語を聞けば、好意を汲み取る事ができます、

 

友達の間柄の雰囲気を変えるチャンスでもあります。

 

二人っきりで遊ぶことを譲らないあなたを見れば、初めてドキドキとする感情が相手には生まれて来る事でしょう。

 

普段大勢でも一緒に遊んでくれる間柄の女友達であれば、大抵の人はOKしてくれるので断られることはまず無いでしょう。

 

 

 

【電話やメールで誘わない】

 

電話やメールでデートに誘うのは相手の表情が見えないので簡単ですが、それは避けるべき方法です。

 

なるべく直接会って伝える事が大切です。

 

電話やメールで伝えられると、いまいち本気度が伝わらず友達としての関係がそのまま続きやすいです。

 

意識してもらうなら直接会って、相手の目を見て伝えるのが一番でしょう。

 

いつも電話やメールで伝えている人こそ、直接伝える事で、特別な雰囲気を相手に感じ取らせる事に成功します。

 

直接伝えることは恥ずかしいですが、その分の成果や報いが感じられやすいです。

 

 

 

【OKしてもらえたら嬉しそうな表情を出す】

 

気になる女友達にOKを貰ったら、相手にもわかりやすいように嬉しそうな表情を出します。

 

嬉しがるのは男として恥ずかしいとプライドを持たず、素直に喜ぶことが一番です。

 

ポーカーフェイスだったり表情が変わらないようであれば、熱い気持ちに相手は気づきにくいです。

 

男性の喜んだ姿に母性本能を感じる人も多く、そこから恋心に発展する事も十分にあり得ます。

 

女友達に遊ぼうと誘うと仲が良ければ無難に応じてくれますが、良くも悪くも平凡なデートで終わるでしょう。

 

OKしただけでこんなに喜んでくれるなんて、と女友達も嬉しく感じてくれます。

 

感情や気持ちは伝染しやすく、相手に持って欲しい気持ちを自分から表現することで、自然と同じ気持ちを共有することに成功しています。